nayoro_urawaのブログ

ごくごく普通のサラリーマンのブログです

現場代理人からビル管理へ転職すると未来が明るくなる

現場代理人経験のある方!

 

建築・空調・衛生・電気…

なんでもいいです。 

 

転職するなら、ビル管理会社がおすすめですよ!

 

仕事の忙しさから脱したい!

プライベートな時間が欲しい!

 

そう思ったら、ビル管理の仕事をしましょう。

 

 

 

 

現場代理人からビル管理で毎日お花畑 

ビル管理への転職で、毎日バラ色の人生を送ることが出来ます。

間違いなく今よりは、世界が明るく見えますよ!

その理由を記事にしました。

 

現場代理人からビル管理で必ず成功する

f:id:nayoro_urawa:20200630152211j:plain

現場代理人からビル管理に転職すると、必ず成功すると断言できます。 

それは、過酷さや仕事に対する姿勢、書類作成能力や段取り業務など、

全ての作業において、現場代理人の方が上であるからです。 

 

現場代理人代理人とは、誰の代理人なのか?

それは、社長の代理人です。

1つの現場を任されると、

社長の代わりとなって工事を竣工させなければならない。

そこには、客先への対応であったり、

お金の管理まで会社経営の全てが詰まっています。

現場代理人は社長業をしているのと、変わらないという事ですね。

 

そんなあなたの経験を生かせば、必ず成功できます。

100%成功できます!

 

経験とは、技術的なことだけでは無く、

「仕事が終わらなければ、徹夜してでも終わらせようとする姿勢」や、

「今やらなければ、後で絶対に痛い目を見る」といったような経験です。

こういった経験は、現場代理人特有では無いでしょうか?

 

もちろん技術的な事で言えば、

現場代理人の上を行くビル管理者は皆無です。

なので、会社に入ればその技術力は重宝されますし、

これくらいの仕事でいいのか…と思う事でしょう。

実際私はそう思いました…

 

 

ビル管理への転職はどうなったら成功と言える?

f:id:nayoro_urawa:20200630152245j:plain

現場代理人からビル管理へ転職した場合、

成功した!

良かった!

と思えるポイントは、何でしょうか?

 

ちなみに、私の場合を例にします。

とにかく束縛時間が長く、何を言っても助けてくれなかった会社に、

嫌気がさして現場代理人を止めました。

現場代理人の時の状況は、

週休1日、検査前などの繁忙期は休み無し。

拘束時間は、朝早く夜遅い…。

始発と終電がほとんど。

 

対してビル管理は、

週に2日休める場合が多い…必ずでは無い。

拘束時間は、ほぼ定時の9時~17時。

ただし、給料は下がる。

現場代理人の時と比べて、年収で200万ほど下がりました。

 

ですが、今では現場代理人以上の給料をもらっています。

そこまでになるのに5年かかりました。

5年で元に戻るなんて、成功と言っていいのではないでしょうか?

普通に仕事をしていただけです。

特別に何かをしたわけではありません。

休みもあるし、拘束時間も短い。

現場代理人の時の時給に比べると、格段に環境が良くなっています。

代理人時代と同じクオリティで仕事をするだけで、

ビル管理への転職を成功させることが出来ます。

 

 

ビル管理業務の選び方

ビル管理会社へ転職するなら、

雇用形態は、常駐設備員では無く、

本社の現場作業員になった方が良いです。

毎日、別の建物に行って設備点検をする。

なぜなら、こっちの方が現場代理人としての能力を発揮できるからです。

それとビル管理では、清掃・警備・設備とありますが、

圧倒的に設備員が良いです。

それは、技術力に差がつくからです。

選ぶとしたら、本社勤務の設備員ですね!

 

www.746urawa.com

 

 

まとめ

現場代理人の方は、ビル管理へ転職するというだけで、

自分の時間を作ることが出来ます。

もし当てもなく、いばらの道を歩いているのだとしたら、

明るい未来の扉を開けてみては、いかかでしょうか!

 

 

よろしければ、こちらの記事もどうぞ!

www.746urawa.com

 

 

 

 

 


スポンサーリンク

ランキングにご協力ください!ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村