nayoro_urawaのブログ

ごくごく普通のサラリーマンのブログです

新入社員から役職者まで出世するシナリオと教育の話

新入社員から役職者に至るまでの経緯と戦略で、今後の会社人生が変わる

 

うまく役付社員になれば遊べます。

自分主導のプロジェクトを任せられれば、すべて自分の裁量で仕事ができる。

 

もちろんその責任は重いが、

人に指図されるよりもストレスは限りなく小さくなります。

 

この記事を読んで、有意義な役職者ライフを送りましょう! 

 

 

 

 

 

はじめに

f:id:nayoro_urawa:20200418202050j:plain

この記事は戦略と呼べるほど大層なものでは無い。

しかし私が新人から中堅を飛ばし、

それなりのポジションを得ているのは事実である。

その経験から抜き出した記事なので、信憑性はあると感じている。

 

「それなりのポジション」というのは、

今後の業務態度でそれが変わることから、そういう表現をした。

止まっていると、追い抜かれていくのは当然の事だからだ。

 

真面目に仕事さえしていれば自ずと地位は上がっていく。

しかし、指示された仕事をそのままこなすだけでは、

一生役職はつかないでしょう!

 

 

新入社員の教育で一番大切な事

f:id:nayoro_urawa:20200418202358j:plain

新入社員の教育で一番重要なことは、やる気を継続させることです。

仕事になれるとダラダラしがちです。

そして手を抜き始めます。

新入社員はやる気に満ちています。

最初からやる気の無い人は、誰もいないのです。

それを継続させることが教育者の仕事です。

 

せっかく入った新人を辞めさせまいと、「手を抜いていいよ」と言ったり、

「最初からガミガミ言うと辞めそう」と思うのは間違いです。

大いに間違っています!断言します!

 

新人が伸びないのは、教育者の責任ではありません!

(最初から何も教えないわけではない…全部しっかり教える)

全部教えた上で伸びる伸びないは、その人次第なので、

それ以上、一生懸命教育する必要は無いというのが私の方針です。

伸びない人にかまっている時間程、無駄なものはありません。

 

教えてもらうのが当然と思っている内は、伸びないでしょう!

出来る人は、ある程度教えたら自分で考え自分で行動します。

会社が求めているのは、そういう人材です。 

 

 

新入社員を教育する時の心構え

f:id:nayoro_urawa:20200418202316j:plain

サラリーマンは職歴が長くなれば、必然的に新入社員の教育係になります。 

 

部下の立場にいるときは、上司は何も仕事をしてないと感じますが、

ある程度はこなしています。

そういうポジションにいるのだから、仕事が全く出来ないわけはありません。

 

入社したてで、

「たくさん仕事を振られて、こんなにできないよ」

と思うかもしれないが、

ただ単に仕事になれてないという理由などから、

単純に作業スピードや効率が悪いだけです。

 

その時期を乗り越えて、仕事を振る立場になった時、思うのです。

「こんなに一杯仕事振っても出来るわけねぇだろ!」

と思っていたが、あの頃は遅かっただけだなぁと、懐かしむのです。

その経験を持っているなら、新入社員の教育は簡単です。

自分が思っていたことを、そのまま伝えればいいだけですからね。

 

 

出世するのに仲間意識なんていらない

f:id:nayoro_urawa:20200418202520j:plain

求人内容を見ていると、

「アットホームで仲良くやってます」みたいな文句があります。

うちの会社は「人間関係が良いですよ!」

というのをアピールしているのだと思うが、

極論を言うと、仕事をする上でそんなの必要ありません!

 

人間関係が劣悪な環境での仕事を推奨しているわけではなく、

仕事をする上で無用な干渉は、必要無いということです。

コミュニケーションが重要なのは明らかですが、

甘えた環境は、逆に人の成長を妨げます。

 

現に私は、ブラック企業から今の会社に転職し5年ほど経ちましたが、

成長スピードが著しく低下していると感じています。

転職当時は、どこでもやっていける自信がありましたが、

今では将来に不安が無いと言ったら嘘になります。

この成長スピードで大丈夫かなぁ…という感じです。

 

ある上司から言われた言葉で、印象に残っているのは、

「同期には絶対に負けない気持ちで仕事する」というものです。

新卒で入った当初は、

「みんな仲良く楽しく仕事を…」というような甘い考えでした。

それが今では、

「誰にも負けるつもりは無い…」という気持ちで仕事しています。

 

なぁなぁな関係になると、人は甘えます。

自分で自分を追い込める人なんて、少数派ですよ。

 

 

 

新入社員から役職者までのシナリオ 

f:id:nayoro_urawa:20200418202728j:plain

「悪い人じゃないんだけど、癖があるから」

と言われる人は、大抵ヤバイ人です。

その人の下についた時点で地獄が待っています。

ですが、1,2年で脱出できるのが、私が実践したシナリオです。

 

最初は全力で会社に貢献する

「最初は」と書くと語弊がありますが、

誰しも全力で働くという意識のもと、入社してると思うんですよね。

それがいつの間にか、

お金をもらうためだけに働くように、なっちゃうんですよ…

とにかく全力を出して仕事をしていれば、頑張っている奴と思われます。 

 

ある程度の信頼を獲得する

残業しようが、理不尽な仕打ちを受けようが仕事ファーストであり続ける。

もちろん言われたことだけを、こなすのでは認められないので、

それプラス自分のオリジナリティを出すことです。

 

「自分のオリジナリティとは何だろう?」

と考える人もいるかと思うが、

教えられた作業で、もっと効率的に出来る方法を考えればいい。

 

例をあげるとすると、私の場合は作業の効率化が得意な方なので、

作業スピードで差をつけました。でもその方法は言いませんでしたね。

しれっと仕事をこなしてる雰囲気を作りました。

 

たとえ夜間だろうが休日だろうが仕事してました。

これも嫌々やってた訳じゃなくて、

あとに回すともっと大変になることが、分かっていたからなんですけどね... 

そうしていれば信頼を勝ち取れます。

 

部下から上司へ昇格する 

上2つの項目を実践していれば、自然と出世します。

他にライバルがいなければの話ですが…

そういう面で、同期に負けるのは無しですね。

出世すれば、最初に評判の悪い人の下についたとしても、

その人より上に行く、

もしくは干渉されないポジションに行くことで離れられます。

晴れて役職者への仲間入りです。 

 

 

 

会社に残る人、辞める人

f:id:nayoro_urawa:20200418202913j:plain

私の今いる会社は入れ替わりが激しい方です。

毎年誰かが辞めては、新しい人を雇います。

その中で、会社に残る人と辞める人のパターンが分かってきました。

 

会社に残る人のパターン

「自分ができないのを分かってて、会社にしがみつく人」

「仕事が出来て地位が上がっていく人」

中間のちょうどいい人がいないのが、悲しくなります。

上記の2つとも頭を使って考えている人が多いです。

ただ方向性が違うだけです。

 

会社を辞める人のパターン

「自分ができないのを分からずに、給料がいい会社へ転職する人」

このタイプが異常に多いです。

同業他社の求人を見て、こっちの方が条件良いから転職しよう…

という感じですね。

どこ行っても同じなんですけど…(^-^;

まぁ頑張ってくれと思っています。

 

 

役職者にならない考えは破滅への第一歩

f:id:nayoro_urawa:20200418203016j:plain

新入社員の中には、出世なんてしたくない!

と考えている人も、たくさんいます。

その気持ちはわかります。

出世したって、仕事の責任や量が増えるだけで、

何もいいことが無いように見えるからです。

事実その通りですが、その考えには決定的な間違いがあります。

 

給料も変わらず、同じ仕事をし続けても年齢だけは増え続けます。

同じ仕事をするのであれば、将来性のある若者の方がいいんです。

 

その内、入りたての新人から顎で使われるようになる時が来るのです。

それでもかまわないと、徹底した考えがあったとしても、

年上の部下ほど扱いにくい物は無いんです。

会社からしてみれば、大きなお荷物となります。

会社によっては、どういう手段で来るか分からないので、

出世欲は持っていた方がいいんです。

 

 

最後に

本記事の「新入社員から役職者までのシナリオ」を実践すれば、

自然と出世できます。

役職者になれば、自分の時間調整が出来るようになりますよ!

自分の時間を謳歌するのは、それからでいいと思いますよ!

 

 

 

 


スポンサーリンク

ランキングにご協力ください!ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村