nayoro_urawaのブログ

ごくごく普通のサラリーマンのブログです

蚊に刺された後の対処法!「かかない」ではなく「擦れない」

f:id:nayoro_urawa:20210606164438p:plain

「皆さんは蚊に刺されたらどうしていますか?」

「刺されないようにどんな対策をしていますか?」

 

今回は刺された時に私が実践してきた事を

記事にしました。

 

私が行き着いた対処法が最もいいと確信しています。

この対処法に行き着いてから数年間、

ずっと更新されていないので最終型なのでしょう!

 

個人差はありますが是非ともおすすめしたい対処法です。

 

蚊に刺されたら「かかない」ではなく「擦れない」対処をしよう

蚊に刺されたらかゆみ止めを塗ってもかゆくないですか?

私はかゆくてたまりません。

そしてかゆいのを我慢してかかなくても、

いつの間にか衣服にこすれて腫れてしまい治りが悪くなります。

 

蚊に刺された後は、

「かかない」ではなく「擦れない」

対処が最優先です。

 

これから私が試してきた対処法を書いていきますが、

最終的な対処法は記事の最後に書いてあります。

最終対処法が知りたい方は、一気に記事の最後まで飛んでください。 

 

 

 

 

蚊の修正

そもそも何で血を吸うのか?

検索すると一番上に出てきました。

こちらに書いてあります。

fumakilla.jp

記事を読むと、以下のことが分かりました。

蚊は卵を産む前しか血を吸わない。

卵を産むために栄養が必要。

つまりメスしか血を吸わないということですね。

 

蚊との闘いの日々

奴らは服の上からでも刺してきます。 

めちゃめちゃ刺されるんです。

蚊からの一方的な愛... この愛を受け止める事は出来ません!

 

「なぜ私の血はこんなにも蚊から愛されているのか?」

 

私がいれば、周りの人は蚊取り線香が要らないくらいです。

私に吸い寄せられて行くのです。

 

仕事に行って帰ってくるといつの間にか刺されています。

夜寝て朝起きると刺されています。

一緒に寝ている家族は刺されていない... 

 

何でだー!何でなんだー!

血液型とか言いますけど、納得できない!

二酸化炭素とか言うけど納得できない!

自分だけ異常に刺され過ぎ... 

もう分からないので、私が出した結論は

「美味しい血の臭いがする」

ということにしてますw

 

私の血で蚊が繁殖してるなんて、何とも皮肉な話です。

 

日焼けすると腫れない?

f:id:nayoro_urawa:20200310153647j:plain

蚊に刺され過ぎて分かったことがあります。

それは日焼けした肌はそれほど腫れないという事です。

今まで刺された数をいちいち数えてはいませんが、

刺されると人より腫れる体質です(^-^;

そんな体質の中、高校から運動部に入部して

肌が焼けました。

 

今までの美白から一気に焦げ茶色になりました。

刺される頻度は変わりませんが、

事実、日焼けするとあまり腫れなくなりました。

 

白い肌が腫れやすいのか、日焼けしてると目立たないだけなのか?

 

ですが日焼けしてから、水膨れまで発達することは無くなりました。

これもまぁ、後で紹介する刺された後の対処法を実践すれば、

関係の無いことなんですけどね…

 

蚊取り線香は蚊の嫌いな臭いを発している?

f:id:nayoro_urawa:20200310153911j:plain

キャンプに行く時、バーベキューをする時、庭作業をする時、

蚊取り線香は必需品ですよね?

思えば不思議なものです。

蚊取り線香から出ている一本の煙... 

あれって本当に蚊を遠ざけているんですか?

あの細い煙のところだけしか効果がないんじゃないですか?

屋外で使っても風で飛んでくから効果ないんじゃないの?

こんな疑問が生まれてきました。

 …という事で、ちゃちゃっと検索…

煙ではなく、

燃焼部分から揮発している「ピレスロイド」という化学物質に

殺虫成分がある。

                      Wikipediaより

 

これなら納得できます。

スプレーよりもプッシュ式よりも長時間燃え続ける蚊取り線香

虫よけにはとても効果がありますね!素晴らしい!

長時間殺虫成分を出し続けてくれているという事です。

 

 

悪いことばかりじゃない?

f:id:nayoro_urawa:20200310154301j:plain

蚊はいろんな病気を媒介しています。

ジカ熱、チクングニア熱マラリア日本脳炎

そして、近年日本でも話題になったデング熱

これだけ聞いていると悪い印象しか受けません!

でも蚊に血を吸われることは、悪いことばかりでは無いんです!

 

「血液がサラサラになる」

 

成人病の原因として知られるドロドロ血を改善してくれるのです。

なんと素晴らしい!

蚊とは持ちつ持たれつの関係が築けそうですね!

 

蚊に刺された後の対処法

刺されちゃったら仕方ありません!

先のことを考えましょう!

どうこの痒みと向き合えばいいのか?

私も色々試しました。

爪でばつ印を作る

あるあるです。誰もが1度はやる!

全然効果ありませんでした😭

さわった分酷くなりますよ!

 

かゆみ止めを塗る

これに関しては効果は分かりません!

私はこれで痒みが和らいだなと感じたことは無いです。

 

とにかく冷やす

冷やしている時はいいが、痒みが和らいだり腫れが引くことはない。

何となく効いてる気がする。

 

キンカン

刺激臭習いたての頃、直で臭いを嗅いだらガツンと来ました。

舐めてましたね、これほどとは思いませんでした。

大人の言うことは聞くもんですw

ラクラ、頭殴られたかと思いました(-_-;)

皆さんは臭いを嗅がないでね。

やるとしたら手で臭いを手繰り寄せるんですよ!

 

あれは忘れもしない小5の頃。

足首を刺されました。

左足首2ヶ所、右足首3ヶ所。

私は体質的に刺されると腫れやすい方です。

水膨れが出来ることもしばしば... 

刺された所も悪かった... 学校で歩くのが辛くなり保健室へ...

そこで初めてキンカンに出会いました。

塗った瞬間に腫れが引いていく... 冷たくて気持ちいい(^-^)

その事があって、すぐに家でもキンカンを買ってもらいました。

でも、やっぱりだんだん効かなくなってきますね(-_-;)

 

テーピング療法

f:id:nayoro_urawa:20200310154202j:plain

これが一番治りがいい!

今回私が皆さんへお伝えしたかった事は、これなんです!

とにかく擦らないのが一番の対処法なんです!

絆創膏を貼った時期もありました。

ティッシュを当ててテープで止めた時期もありました。

そして行き着いたのがテーピング療法です。

私の場合、刺される回数が多いので、

一番安い白のテーピングを使っています。

腫れている部分が全部隠れるように切って二重に貼ります。

一重だと擦れてしまいます。

二重にしてください!

 

夏場になるとテーピングだらけになります。

白くて目立つので中二病感が出ますが、

もうそんなことを気にする歳ではなくなりました... とにかく早く治したい

テーピングを目立たせたくない方は、白のテーピングを一枚目、

茶色の通気性の良い伸縮性のテーピングを二枚目に貼ると目立たないですよ!

通気性の良い茶色のテーピングは少し高いので私には勿体ないです。

基本的にテーピングは通気性が良くないので、毎日変えた方が良いですね!

本来の使い方と違いますしf(^_^;

 

一番大事なことは

刺された箇所を擦れないようにすることです。

軟膏等を塗ることではありません。

治りかけでも、擦れるとまた復活してしまいます。

 

 

【テーピングの上を行く】蚊に刺された後の最終対処法

時は流れ…

テーピング療法が一番だと思っていた私に衝撃の商品が飛び込んできました。

擦れないことが大切!

そのためのテーピングでしたが、

さらにその上をいく対処法に行きつきました。

 

テーピングは擦れないことに対しては完璧でした。

ただ、かゆみ止めにはならない。

かゆみに対してはただ我慢する!

という対処方法だったのです。

 

この商品は

擦れない + かゆみ止め

なんです。

それにテーピングのように跡も残らないし、

目立たない。

汚くなりません。

 

もうこれ以上の対処法は今後出ないでしょうね。

それがこちらの商品です。


【指定第2類医薬品】マキロンパッチエース 24枚

 

 

蚊かに刺されたら「かかない」ではなく「擦れない」対処法まとめ

f:id:nayoro_urawa:20200310154606j:plain

「刺されたらテーピングで保護し、擦れない様にする。」

これが私が長年かけて行き着いた対処法でしたが、

これに勝る商品を発見しました。

それが、 

マキロンパッチエース

「擦れない」+「かゆみ止め」 

 

子どもに「かくな」と言ってもかいちゃいますし、

大人でも生活していれば知らず知らずのうちに擦れてしまいます。 

蚊に刺された後は、

「かかない」ではなく「擦れない」

対処法が最善策ですね。

 

薬局でも普通においてあります。

まとめ買いならネットショップですね。

 

 

 


スポンサーリンク

ランキングにご協力ください!ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村