nayoro_urawaのブログ

ごくごく普通のサラリーマンのブログです

【空気清浄機の選び方】風量とフィルターは超重要!!

f:id:nayoro_urawa:20201210165440p:plain

この記事は空気清浄機を買いたいんだけど、

選び方はどうしよう?

 

と言う方向けの内容になっています。

 

空気清浄機を買おうかどうか迷っている…

と言う方は、こちらの記事を一読ください。

空気清浄機は必要か?いらないよ!別に無くても困らないから - nayoro_urawaのブログ

 

 

あれ?

まだ買いたいとお考えですか?

う~~ん、おかしいなぁ…

 

では、選び方をご紹介します。 

 

空気清浄機は選び方は用途で判断する

なぜ空気清浄機を買おうと思っていますか?

私が考える空気清浄機の購入理由は、

  • ニオイが気になる
  • 花粉症対策
  • アレルギー対策
  • ウィルス対策

の4点です。

本記事もこれに属した内容になっています。

 

 

 

 

空気清浄機の選び方【用途別】

f:id:nayoro_urawa:20201210170312j:plain

先程言ったように、空気清浄機を購入する目的は、 

  • ニオイ対策
  • 花粉症対策
  • アレルギー対策
  • ウィルス対策

の4点ですよね?

 

空気清浄機でニオイ対策

ニオイ対策なら消臭剤を置いておくのが、

一番かと思います。

電気代もかからないですし、使い終わったら捨てて、

また新しいのを置けばいい。

 

でもそんなことも手間でやりたくない…

スイッチ一つで終わりにしたい…

そうお考えなのでしょう?

 

ニオイ対策で空気清浄機を購入するのなら、

脱臭フィルターが付いている物を購入してください。

活性炭が臭いを吸着し、取り除いてくれますよ。

 

✅ニオイ対策なら脱臭フィルター付きを選ぶ

 

空気清浄機で花粉対策

私が勝手に思っていることですが、

恐らく花粉対策で

空気清浄機を購入される方が多いと感じます。

 

外で完全防備で目と鼻を守っていても、

衣服に着いた花粉が室内で舞い上がり、

目がかゆくなるのと鼻水が止まらなくなる。

室内の方が気が緩んで防御を忘れてしまうものです。

 

それに室内で完全防備するの嫌ですもんね。

家ではリラックスしたいです。

 

それには確実に花粉を捕集できるものが必要になります。

それはフィルターです。

フィルターも様々ありまして、

花粉を確実に捕集できるのはHEPAフィルターです。

今はHEPAフィルターと同じ性能で、

長持ちするTAFUフィルターというものも出ています。

 

花粉対策で空気清浄機を選ぶ時は、

HEPAかTAFUフィルターがあるものを選んでください。

 

✅花粉対策ならHEPA,TAFUフィルター付きを選ぶ

 

空気清浄機でアレルギー対策

花粉とほぼ扱いは同じですが、

花粉の他にもアレルギー反応を示す物質があります。

それはハウスダストと呼ばれて、

埃やダニの死骸などが体に入ることで起こります。

 

これらは1μmほどで、花粉よりも小さいですが、

花粉と同様にHEPAやTAFUフィルターで、

十分捕集できる大きさです。

HEPAやTAFUフィルターは0.3μmまで補修が可能ですからね。

 

アレルギー対策で空気清浄機を選ぶ時は、

HEPAかTAFUフィルターがあるものを選んでください。

 

✅アレルギー対策ならHEPA,TAFUフィルター付きを選ぶ

 

空気清浄機でウィルス対策

空気清浄機でウィルスを駆除したい!

こう思うのが人間です!…違うかな(^-^;

 

ウィルスの大きさは0.1μmと言われており、

HEPAやTAFUフィルターの捕集能力0.3μmより小さいです。

ウィルスはフィルターを通過してしまうんですね。

 

ただ、全く意味が無いという訳ではありません。

ウィルスに水分が付着している場合は、

もっと大きくなります。 

乾燥している状態でなければ、

HEPAやTAFUフィルターでも捕集可能という事ですね。

 

本気でウィルス対策するのなら加湿器の方がいいですよ。

インフルエンザウィルスは、

湿度によって生存度が変わってきますから。

 

✅ウィルス対策ならHEPA,TAFUフィルター付きを選ぶ 

 (ただし、全てを捕集できない)

 

 

 

空気清浄機の選び方

f:id:nayoro_urawa:20201210170255j:plain

空気清浄機を選ぶポイントは以下の3点です。 

  • 部屋の大きさで選ぶ 
  • 風量が多い物を選ぶ 
  • フィルター交換周期で選ぶ

 

空気清浄機は部屋の大きさで選ぶ 

性能の部分を見てみましょう!

適応する部屋の大きさが表示されています。

この空気清浄機は「何畳用ですよ」と言うのが、

書かれています。

 

設置する部屋の大きさは、お分かりでしょうから、

それに対応する機器を選びましょう。

 

ここで一つポイントですが、

適応畳数は大きければ問題ありません。

部屋が6畳であっても

10畳用、12畳用を選んでも問題は無いという事です。

適応畳数が大きい方が、

空気がきれいになる時間も早くなりますからね。

 

✅部屋の大きさより適応畳数の大きい機器を選択しても問題ない

 

空気清浄機は風量の多い物を選ぶ

これも機器の性能をチェックしてみてください。

風量が記載されています。

風量の数値は、室内の空気を循環させるのに

大きな意味を持っています。

どんなに高性能なフィルターが付いていても、

空気が流れずに機器に回ってこなければ、

ゴミを捕集することが出来ません。

 

同じ畳数対応の機種でも風量が違いますので、

なるべく大きい物を選ぶようにしましょう。

 

✅風量は室内空気を循環させるのに重要

 

空気清浄機はフィルターの交換周期で選ぶ

HEPAやTAFUフィルターが付いている物を

選びましょうと言いましたが、

これらのフィルターは消耗品で、

使用していれば能力が低下していきます。

 

見えない物を捕集する物の能力低下は、

非常に分かりにくいです。

そこで各メーカーで交換周期を決めています。

フィルターは高い物なので、

出来るだけ交換周期が長い物を選ぶと良いですよ。

 

✅フィルターの交換周期は長いに越したことは無い

 

 

空気清浄機に加湿器は必要か?

f:id:nayoro_urawa:20201210170241j:plain

空気清浄機に加湿器がいるのか?

と聞かれれば、「加湿器は必要」と答えます。

あるに越したことは無いからです。

ただし、「気化式なので能力的にどうか」

という問題があります。

気化式は洗濯物を干しているのと同じです。

 

本気で加湿をするのなら、蒸気式です。

ビル管理会社社員が選ぶ加湿器ベスト5!! - nayoro_urawaのブログ 

 

✅加湿器はいらないことは無いが、特に気にしなくていい

✅加湿したいなら加湿器を買った方が良い

 

 

空気清浄機は24時間運転してください

f:id:nayoro_urawa:20201210170228j:plain

何度も言いますが、

空気清浄機は室内の空気を循環させ、

機械に空気を入れることで初めてゴミを捕集できます。

 

人が動いたり外から帰ってきたら、

新たなゴミが浮遊するわけです。 

 

ガチガチに室内空気をきれいにしたいのなら、

24時間運転しておいた方が良いです。 

 

「ゴミを出しては吸い取る」の終わらない戦いですね。 

 

 

空気清浄機の選び方まとめ

空気清浄機を選ぶなら、

  • 部屋の大きさで選ぶ 
  • 風量が多い物を選ぶ 
  • フィルター交換周期で選ぶ

の3点に注意して選んでみてください。

加湿器は別で購入した方が良いです。

 

個人的には、空気清浄機はいらないと思いますけどね…

 

空気清浄機で室内環境を無理やり整える【おすすめ5選】 - nayoro_urawaのブログ

 

 

 

 

 


スポンサーリンク

ランキングにご協力ください!ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村