nayoro_urawaのブログ

ごくごく普通のサラリーマンのブログです

スチーム式加湿器の電気代は高い!計算すると1日で117円になった

f:id:nayoro_urawa:20200925214134j:plain

加湿器欲しいけど電気代ってどれくらいかかるの?

 

あんまり高くなるのは嫌だなぁ…

スチーム式加湿器の電気代はいくらなの?

 

こんな悩みを持っている人向けの記事です。

 

各加湿方式の電気代を比較しているので、

1月の電気代の目安が分かりますよ。

 

 

 

 

 

全てが高水準のスチーム式加湿器

ダントツで電気代が高いスチーム式加湿器。

一番電気代が安い加湿方式と比べると、39倍も違いました。

加湿能力も高い!

お手入れもしやすい!

電気代も高い!

全ての分野で高水準となりました。 

 

スチーム式加湿器とは

f:id:nayoro_urawa:20200925214158j:plain

スチーム = 蒸気

スチーム式とは蒸気式という事です。

蒸気を空気中に吹出すことにより加湿する方式です。 

蒸気は水分が気体になった状態なので、

たくさん水分量を含んでいます。

そして空気中に水分を含めやすい状態でもあります。

 

これが他の加湿方式より、

圧倒的に加湿能力が高い秘密です。

 

 

スチーム式加湿器の消費電力

f:id:nayoro_urawa:20200925214650j:plain

加湿器の電気代の目安は、

  • 10畳用で、1日117円。1月で3,510円
  • 13畳用で、1日144円。1月で4,440円

 

ここから先は計算を根拠を書いているだけなので、

読まなくてもOK!

 

「スチーム式加湿器は電気代が高い」

ちょっと加湿器を調べると、

スチーム式加湿器は電気代が高そうだな…

と思ってしまいます。

 

スチーム式は加熱保温するので、消費電力が高くなります。

では実際どのくらいの電気代がかかるのでしょうか?

 

象印マホービンの消費電力で計算してみましょう。

 

10畳用加湿器の消費電力

まず10畳用の加湿時消費電力ですが、305W。

湯沸かし時の消費電力は、985Wです。

加湿時消費電力とは、通常の運転状態での消費電力です。

湯沸かし時とは、お湯を100℃まで沸騰させる時のことです。

 

この機器は連続で6時間運転可能なので、

6時間で水が無くなる計算で行きます。

湯沸かし時とはどういう時の事かを考えると、

  • 水を補給した時
  • スイッチを押した時

と考えればいいので、

24時間/6時間で1日で4回、湯沸かし時間は30分と仮定します。

だいたい電気ポットでも30分もあればお湯が沸くから…

4[回] × 0.5[時間] × 985[W] = 1.97[kWh]

  

残りの時間の消費電力は、

22[時間] × 305[W] = 6.71[kWh]

一日の消費電力は、1.97 + 6.71 = 8.68[kWh]

1kWh=27円で計算すると、

8.68[kWh] × 27[円] = 234[円/1日]

一ヶ月を30日と考えると

234[円/1日] × 30[日] = 7,020[円/月]

うげっ!高ッ!

 

でもこれ24時間運転ですからね。

24時間連続運転なんてほぼないでしょ。

1日で家にいる時間ってどのくらいですか?

半日くらい?

半日だと、1日の場合の半額です。

3,510[円/月]

 

おっ、なんかいい感じになった。

 

13畳用の加湿時消費電力

計算方法は、10畳用と同じです。

13畳用加湿器の通常運転時の消費電力は、410W。

半日連続運転で計算します。

これで10畳用と同様に計算していくと、

 

湯沸かし時の消費電力は、

2[回] × 0.5[時間] × 985[W] = 0.985[kWh]

 

通常運転時の消費電力は、 

11[時間] × 410[W] = 4.51[kWh]

 

一日の消費電力は、0.985 + 4.51 = 5.495[kWh]

 

1kWh=27円で電気代を計算すると、

5.495[kWh] × 27[円] ≒ 148[円/1日]

一ヶ月を30日と考えると

148[円/1日] × 30[日] = 4,440[円/月]

 

 

他の加湿方式の電気代は?

f:id:nayoro_urawa:20200925214237j:plain

他の加湿方式の電気代はいくらになるのでしょうか?

これが分からないと比較できないので計算します。 

他の加湿方式では、湯沸かしという概念が無いので、

計算は簡単ですね。

 

気化式の電気代

気化式の電気代の目安は、

  • 10畳用で、1日3円。1月で90円
  • 13畳用で、1日4.5円。1月で135円

 

10畳用の消費電力は、9W。

12[時間] × 9[W] = 0.108[kWh]

1kWh=27円で電気代を計算すると、

0.108[kWh] × 27[円] ≒ 3[円/1日]

一ヶ月を30日と考えると

3[円/1日] × 30[日] = 90[円/月]

 

13畳用の消費電力は、14W。

12[時間] × 14[W] = 0.168[kWh]

1kWh=27円で電気代を計算すると、

0.168[kWh] × 27[円] ≒ 4.5[円/1日]

一ヶ月を30日と考えると

4.5[円/1日] × 30[日] = 135[円/月]

 

超音波式の電気代

超音波式の電気代の目安は、

  • 10畳用で、1日9.7円。1月で291円
  • 13畳用で、1日19.4円。1月で582円

 

10畳用の消費電力は、30W。

12[時間] × 30[W] = 0.36[kWh]

1kWh=27円で電気代を計算すると、

0.36[kWh] × 27[円] ≒ 9.7[円/1日]

一ヶ月を30日と考えると

9.7[円/1日] × 30[日] = 291[円/月]

 

13畳用の消費電力は、60W。

12[時間] × 60[W] = 0.72[kWh]

1kWh=27円で電気代を計算すると、

0.72[kWh] × 27[円] ≒ 19.4[円/1日]

一ヶ月を30日と考えると

19.4[円/1日] × 30[日] = 582[円/月]

 

 

ハイブリッド式の電気代

ハイブリッド式の電気代の目安は、

  • 10畳用で、1日9.7円。1月で291円
  • 13畳用で、1日19.4円。1月で582円

 

10畳用の消費電力は、161W。

12[時間] × 161[W] = 1.932[kWh]

1kWh=27円で電気代を計算すると、

1.932[kWh] × 27[円] ≒ 52.2[円/1日]

一ヶ月を30日と考えると

52.2[円/1日] × 30[日] = 1566[円/月]

 

13畳用の消費電力は、280W。

12[時間] × 280[W] = 3.36[kWh]

1kWh=27円で電気代を計算すると、

3.36[kWh] × 27[円] ≒ 90.7[円/1日]

一ヶ月を30日と考えると

90.7[円/1日] × 30[日] = 2721[円/月]

 

 

※ここで紹介した消費電力は、

メーカーによって異なりますので、

購入の際はそのものの消費電力を確認することをお勧めします。

 

 

加湿能力と電気代の関係

f:id:nayoro_urawa:20200925214253j:plain

スチーム式、気化式、超音波式、ハイブリッド式の

加湿方式を加湿能力が高い順番で並べると、

  1. スチーム式
  2. ハイブリッド式
  3. 超音波式
  4. 気化式

となります。

 

電気代が高い順番に並べると、

  1. スチーム式
  2. ハイブリッド式
  3. 超音波式
  4. 気化式

 

同じです。

 

加湿能力が高い = 電気代が高い

 

という事が分かりました。

 

 

加湿器を選ぶ松竹梅

ウナギやカツ丼である商品ランク、「松竹梅」

この中で最も注文されるのは、「竹」です。

言い換えれば、真ん中の商品という事ですね。

 

スチーム式加湿器は蒸気で空気中に水分を含ませるので、

加湿能力が非常に高い加湿方式です。

だけど電気代が高い。

 

気化式加湿器は水を染み込ませた布に、

風を拭いて加湿する方式です。

加湿能力が高いとは言えませんね。

だけど電気代が低い。

 

こう考えると、

買うのはハイブリッド式か超音波式かな?

 

いやいや、ちょっと待ってください! 

大事なのは加湿できるかどうかです。

消費電力がどうのと言っている場合ではありません。

電力をケチって、加湿スピードが遅いのでは話になりません。

朝スイッチをつけて、出かける頃にようやく、

湿度が50%に達するようではほぼ意味無いですよ!

 

 

部屋に潤いを与えたいのであれば、

「松」しかないですよ。 

 

加湿器の選び方はこちらから 

【誰でも簡単】加湿器の選び方!部屋の広さは何畳ですか? - nayoro_urawaのブログ

 

 

スチーム式加湿器の電気代まとめ

スチーム式加湿器の電気代の目安は、

  • 10畳用で、1日117円。1月で3,510円
  • 13畳用で、1日144円。1月で4,440円

加湿方式別で電気代が高い順番は、 

  1. スチーム式
  2. ハイブリッド式
  3. 超音波式
  4. 気化式

 

スチーム式は堂々の第一位です!

これは加湿能力が高い表れですからね。

良い物は高い!そういうことです。

 

 

誰かに加湿器を選んで欲しい方はこちらから

ビル管理会社社員が選ぶ加湿器ベスト5!! - nayoro_urawaのブログ

 

掃除に手間がかからない加湿器はこちらから

【ビル管理士厳選!】お手入れしやすい加湿器5選!! - nayoro_urawaのブログ

 

可愛い加湿器が欲しい方はこちらから

【おしゃれ可愛い】超音波式加湿器は持ち運べるインテリア - nayoro_urawaのブログ

 

 

 

 

 

 


スポンサーリンク

ランキングにご協力ください!ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村