nayoro_urawaのブログ

ごくごく普通のサラリーマンのブログです

働かずに給料をもらう方法

 

あぁ~あ、何もせずに給料だけもらえたらいいのに…

 

なんて考えたことありませんか?

 

「全く仕事をせずに」までは行きませんが、

ある程度、仕事をせずに給料をもらう方法ならありますよ!

 

まさに夢のような方法ですね!

 

この記事を読めば、必ずサボれる時間が作れるようになります。

 

 

 

 

 

働かずとは、サボるという事

「働かずに」=「サボる」です。

バイト、パート、契約社員、正社員…

契約形態に関わらず、時給、日給、月給であるならば、

仕事をしてようが、サボっていようが給料が支払われます。

給料が発生するなら、サボっちゃえばいいんですよ!

 

どうすればサボれるのか?

f:id:nayoro_urawa:20200704091053j:plain

どうすればサボれるかを考えてみましょう。

サボる為の条件を考えてみます。

  • 仕事を理解する
  • 仕事を早く終わらせる
  • やってる雰囲気を出す
  • 外出理由を探す

条件としてパッと思いついたのは、これくらいです。 

就業時間の全てをサボるのは、出来ないですね。

サボるにはある程度の知識がないとサボれません、

入社していきなりサボるのは、出来ないんです。

あと、歩合制や出来高制の場合は、

サボっても全く意味が無いのでやめましょう!

 

 

仕事を理解する

仕事を理解してくると、

どこでどういうことを聞かれるか?

が分かってきます。

 

それをその場でとり作ったり、聞かれた時点で資料作りを始めると、

時間に終われることになりますよね?

なので、あらかじめ作業をしておきます。

そうすれば、その時間はまるまるサボれることになります。

仕事の熟練度が増すほど、サボれる時間が増えるという事ですね!

 

 

仕事を早く終わらせる 

仕事を早く終わらせるには、なんと言っても一点集中です。

集中して仕事をすれば、早く終わります。

これは間違いの無い事実ですね。

スピードが遅いのは、集中してないんです。

作業をしながら他の事を考えてる。

ダラダラ仕事をしていたのでは、サボる時間が削られていくだけですよ!

何のために仕事を早く終わらせるか?

早く帰ったり、サボるためではないでしょうか?

 

 

やってる雰囲気を出す

f:id:nayoro_urawa:20200704091156j:plain

これ大事です。

暇そうにしていると、仕事をどんどん振られます。

仕事は無くなることは無いので、

手が空いてそうな人から仕事を振られます。

なので、常に忙しい感を出してないといけないのです。

突然の仕事は、振られるだけ損です。

損な役回りは、本当に損でしかありません。

よくやってくれた的な評価は、無いと言っていいでしょう!

 

 

外出理由を探す 

一番思いつくのは、客先挨拶や打ち合わせですね。

フラッとあいさつに行って、小1時間コーヒーショップに入って休憩…

そして帰社するなり、

「いや~、参りましたよ!」

「すぐ戻るつもりだったのに、つかまっちゃいまして…」

てな感じでミッションコンプリートですね(笑) 

外出はサボる為の絶対的な口実になるので、

是非とも取り入れたい業務ですね。

 

 

まとめ

結局、サボるために努力をしなければなりません!

努力した時間だけしかサボることが出来ないのです。

要するに、

時間を使ったり、作るのが上手い人がサボれるんですね。

 

努力した時間 = サボれる時間

 

毎日平坦な仕事時間を過ごすか、

浮き沈みのある仕事時間を過ごすかの、違いでしか無いですね。

サボるスキルを磨くのではなく、

仕事のスキルを上げてサボる時間を作るのが正解です。

前者だと、後々サボれなくなる時が必ず来ますから。

 

 

 

 


スポンサーリンク

ランキングにご協力ください!ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村