nayoro_urawaのブログ

ごくごく普通のサラリーマンのブログです

週末ベーカリー ~クラシル丸パン~

どうも週末ベーカリーです。

 

またまたパンを焼きました。

アラフォー男の充実した趣味の時間です。

 

今回は初心に戻り、クラシルの丸パンです。

最近失敗続きなので、自信を取り戻すためにレシピを戻しました。

なぜ生地が硬くなったのかも、研究した記事になっています。

 

 

 

 

本当に美味しいパン作りを目指す

今回注意した点は、とにかく捏ねる!

最近生地が硬くなったりしているのは、捏ね方が足りないんだ!

と思い、とにかく捏ねることにしました。

パン作りの本を読むと、

「伸ばして薄皮が張っている状態になるまで捏ねる。」

「伸ばして生地が切れるのは、捏ね方が足りない」

なんだってさ。

 

 

パン作り

冒頭でも言いましたが、クラシルレシピで作ります。

レシピはこちら。

www.kurashiru.com

このレシピは、初心者が最初に作るには持って来いのレシピです。

なぜなら、私が初めてうまくパンを焼けたレシピだからです。

初心者が作ってうまく行った事実があるので、

自信を持ってお勧めできるレシピです。

 

ベタベタ手につきますが、そんなことは気にせずに、とにかく捏ね続けました。

今回は中々生地がまとまりませんf(^_^;

 

結局生地がまとまりだして、バターを入れたら、

またベトベト手にまとわりついてきました。

いくら捏ねても限界を感じたので、1次発酵作業に移ります。

1次発酵後の生地です。
f:id:nayoro_urawa:20200627081107j:image

見た目、上手くいっている風ですが、

指でブスッと押しても指にふっついてくるくらい、生地が緩かったです(-_-;)

 

ベンチタイムと2次発酵を終えた状態がこちら。
f:id:nayoro_urawa:20200627081118j:image

予想以上に膨らんで生地同士がくっついちゃいました。

 

 

焼き上がりです。
f:id:nayoro_urawa:20200627081128j:image

ふっくら仕上がりました。

軟らかな焼き上がりで、

冷えても硬くなりませんでした。

 

 

今回の考察

最終的にパンが硬く仕上がらないように、捏ねました。

生地に薄皮が張るまで捏ねました。

水分量が多すぎたのか、ベタつきましたが仕上がりは、

軟らかくなるなりました。

焼き上がり的には成功です。

生地の水分量で、硬さが変わるんじゃないかと感じましたね。

なので、今度は薄皮が張るまで捏ねるのはもちろんのこと、

水分量にも注意したいと思います。

 

 

まとめ

よくよく考えれば、まだ経験値2ヶ月程のおっさんです。

最初にうまく焼けてたのは奇跡と、とらえる方が正しいですね。

上手く行かなくても、原因を考えて改善する。

美味しさを追求できるのが楽しいです。

しかも、美味しいパンが食べられるというご褒美付き(笑)

どんなに失敗しても焼き立ては美味しいですから… 

 

www.746urawa.com

 

 

 

 


スポンサーリンク

ランキングにご協力ください!ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村