nayoro_urawaのブログ

ごくごく普通のサラリーマンのブログです

安定が欲しくて就職するとクビになる

就職するなら、安定している企業に勤めたいですよね?

 

皆さんの考える安定している職業とは何ですか?

 

内定を貰って入社すれば、定年まで働き続けられると思いますか?

 

昔のように、いくらでもお金が出てくる時代では無くなりました。

 

会社も多少お荷物を抱えていても、動じることはありませんでしたが、

それはもう昔の話…今の時代では、不可能になっています。

 

 

 

 

 

安定を求めるなら勤勉であれ 

f:id:nayoro_urawa:20200415170712j:plain

安定している職業の定義とは?

私が今、安定している職業を考えた時に、条件として出てくるのは 、

  • 毎月必ず一定額以上の給料が貰えること
  • 会社の業績が同じペースで上がっていること
  • 毎日仕事があること

です。

やっぱりこういう会社に入りたいですね。

仮に上の3つの条件がそろっていたとしても、

人間関係が最悪だったり、休日が無かったり、

残業が多かったりすることもあります。

 

自分が求める安定はどこにあるのか?

何に重きを置いて就職するのかが大切ですね。

 

 

無くならない職業とは? 

f:id:nayoro_urawa:20200415171058j:plain

これは無くならないだろうなと思う職業で、

パッと思いつくのは、

 

公務員、医療関係、葬儀屋

 

です。

 

公務員

国という組織がある以上、公務員は絶対に無くなりません。

ただし、公務員の仕事の中でも、

これはやらなくていいだろうという仕事は、たくさんあります。

長年蓄積された、何のためにやっているんだろうという業務…

これはどこの会社に属しても、見られるものです。

 

医療関係

人の生き死にに関係している職業は絶対に無くならない。

ただ、安定しているかと言うのは別問題のように思える。

度を越えた過重労働になる可能性があるからだ。

医療の現場では緊急事態に陥ることが多い。

人の生き死にに関わるのだから当然だが、

不眠不休で処置を行わないとならない状況の時、

それは安定していると言えるだろうか?

 

葬儀屋 

人は死なない事は無いので、

葬儀屋さんが一番安定しているような気がします。 

絶対に無くならない職業…これすらも機械的になるようなら、

もはや生きることに人間味を感じなくなる。

共同墓地やネットでの墓参りなど、

どこか味気ないが、時代は確実にこの方面へ進行している。

 

 

安定より人間を武器に 

f:id:nayoro_urawa:20200415171201j:plain

同じ時間で、同じ作業をして、同じ給料をもらう。

…究極の安定です。

しかし、毎日同じ作業という部分に引っかかります。

果たしてこの世に、そんな作業あるのでしょうか?

もしあるとしても、それはもうロボットに変わっているのではないでしょうか?

そして機械化されていなくても、

数年後には全て機械化されるのは誰の目からも明らかでしょう。

 

ミスをするのも人ですが、考えて行動できるのも人です。

 

自分の強みは思考力だと、置き換えるのが一番だと思います。

頭を使わずに済む仕事なんて、この世に存在しないのだから…

 

 

「安定している」と「クビにならない」は違う

f:id:nayoro_urawa:20200415171425j:plain

安定している職業に就きたいというのは、自分への甘えでは無いかと思う。

別に無理に苦労する必要はありません。

しかし未来を予見しながら業務をこなさないと、

いくら業界的に安定しているとはいえ、会社が不安定になる可能性もある。

 

前に進もうとしている会社で、

「この会社は安定しているから頑張らなくていいや」

と思っているとクビを切られます(-_-;)

 

どの職業に従事することになろうが、

安定を求めるには自分の努力が必要という事です。

 

 

まとめ 

業界的に安定しているという職業はあります。

しかし、それは業界であって就職した会社が安定しているとは限りません。

就活の際は、会社をよく調べるのが基本となります。

私のように、勢いで就職すると痛い目にあいます。

 

せっかく入った会社が倒産してしまっては、本末転倒ですが、

そうならないように仕事をするのが、自分の役目では無いでしょうか?

 

結局、安定している職業なんてない…

 

安定は与えられるのではなく、自分でつかみ取るものだと言う事です。

「ねだるな!勝ち取れ!」ですね…

 

 

 


スポンサーリンク

ランキングにご協力ください!ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村