nayoro_urawaのブログ

ごくごく普通のサラリーマンのブログです

子供の好き嫌いにジタバタしない

子供の好き嫌いに悩んでいませんか?

 

野菜を全然食べてくれなくて、悩んでいませんか?

 

結論から言います!

 

放って置きましょう!(笑)

 

 

 

 

好き嫌いと風邪の関係

f:id:nayoro_urawa:20200401151031p:plain

子供の頃、風邪をひくとよく言われました。

 

「好き嫌いしてるからだよ!何でも食べないと!」

 

こんなこと言われて、

「あぁ、次からは何でも食べるようにしよう」

 

 

こんな子供いると思いますか?

 

私は、

「うるさいなー!こっちは具合悪いんだから、

こういう時くらい口閉じてくれよ!」

 

こう思ってるんじゃないかと思います(笑)

 

実際好き嫌いしてるからって、風邪引きませんよね?

私は、ほぼ牛丼とパンとカップラーメンの毎日でしたけど、

風邪なんて引いていませんでしたよ!

これは大人だからっていう理由の他に、

ただ単純にバカだったから、気付かなかっただけかもしれませんが(笑)

 

「でもバランスの取れた食事をさせないと、体が強くならないんじゃ... 」

 

そういう心配も分かります。

 

ですが風邪の予防なんて、「手洗い・うがい」だけで十分ですよ!

それでも不安なら、たくさん食べて早く寝れば風邪なんて引きません!

 

たくさん食べるのは、お菓子じゃないですよ!

ちゃんとした食事です!

子供が好きな食べ物ありますよね?

カレーとかハンバーグとか唐揚げとか、

大好きなものを一杯食べさせておけば、風邪なんかに負けませんよ。

 

 

食べなくても何とかなる!

f:id:nayoro_urawa:20200401151303j:plain

子供があまり食べなくても心配することはありません!

普通に成長していきます。

たまに1食抜いたくらいでは、死にはしません。

1日まるで食べないのは、病気ですけどね(-_-;)

 

私が子供の頃に嫌いだった物:

脂が多い肉、玉ねぎ、長ネギ、キノコ、白菜、煮物、煮魚など…

食感がシャキシャキするような食べ物は苦手でした。

食べれない物は一つもありませんでしたが、

嫌いな物はたくさんありました。

この頃は肉よりジャガイモでしたね。

 

体が小さかったので、体力は全然ありませんでした。

そのわりに外で遊びすぎて熱が出たこともあります。

医者からは体力無いのに遊びすぎと言われました…小学生の時の話です。

 

体力をつけるには、たくさん遊んでクタクタになる(-_-;)

そして、たくさん食べてよく寝るのが近道です。

そうすれば強くなります…サイヤ人のように(笑)

 

ですが、私はほとんど食べませんでした。

白米を美味しいと感じなかったのです。

 

朝昼晩で嫌いなものが出たら、あまり食べず、

その分牛乳をたくさん飲んでお腹を満たしていました。

 

単体のご飯が好きじゃなかったので、

小学校の給食でも牛乳とおかず少ししか食べていませんでした。

肉も鶏肉以外は好きではありませんでした。

脂身がとにかく嫌いでした。

なので、そぼろは食べていましたが、豚バラとかは嫌いだったのです。

 

中学生になり、ご飯も普通に食べるようになりましたが、

嫌いなものは相変わらずでした。

外で遊ぶのが好きな割りに、体力が無いのも相変わらずですね(-_-;)

 

高校生になり、いきなり陸上部に入りました。

ジョギングクラブ的な軽いノリで入ったのですが、

最初の3ヶ月は、ずっと筋肉痛でした。

1度部活終わりでヘロヘロになり、

「これ帰れないな」

って時がありましたが、なぜか教室に置いてあった角砂糖に助けられ、

何とか帰ったこともありました(笑)

そして体も引き締まり、2回りくらい大きくなりました。

身長は伸びませんでしたが... 

 

やはり、運動してると食べるようになりますね!

 

この頃には焼き肉は大好きになっていました(笑)

 

そして風邪もまったく引かない... 

ただし、嫌いな物は食べませんでしたけどね…

 

このように、自分が成長していったのをまさに身をもって知っているので、

子供が好き嫌いで、食べなくても特に焦ったりしないです。

 

 

大人になると味覚が変わる

f:id:nayoro_urawa:20200401151356j:plain

みなさん、大人になると味覚が変わりませんでしたか?

20代の頃は、焼肉脂身が堪りませんでしたが、30後半に突入すると、

カルビ3切れくらいで「うっ!」てきます(笑)

そして子供の頃嫌いだった、玉ねぎ、長ネギですが、

今現在めちゃめちゃ好きです。

あのシャキシャキする食感が大っ嫌いでしたが、

今は大好きです(笑)

 

人間ってよく出来てると思うんですよね。

普段食べたくもない物が、ふと食べたくなる。

それって体が欲してるからだと思うんです。

「今この栄養が足りてないから補給しよう!」って…

だから、

「あぁ~何かこれ食べたいな」

って思ったのを食べてれば、健康でいられると思っています。

 

 

 

こうしたら食べた!

f:id:nayoro_urawa:20200401151447j:plain

散々、無理に食べさせる必要は無いと言ってきましたが、

そうは言っても、やっぱり食べてもらいたい!

食べてるのを見てるだけで、親としては安心できますしね。

 

実際にやってみたことを紹介します。

何でも原型が無ければ食べれると思うんです。

 

一度嫌いになると、思い込みでダメになっちゃうので、

イメージさせないのが良いですね。

 

卵焼き、目玉焼き、ゆで卵を食べません。

アレルギーとかでは無いです。

 

あからさまに卵を前面に出している料理は食べませんが、

パン、ケーキ、お好み焼きやハンバーグは食べます。

いろんな料理に必要となる卵なので、

「こうしたら食べた!」

というのでは無いです。練り込んだら食べるんです。

原型が分からなければ、食べていることに抵抗は無いのでしょう。

卵食べなくても、他の食べ物で栄養は補填できますからね。

 

 

ブロッコリー

私の子供はブロッコリーが嫌いですが、

ミキサーで粉々にしてコーンスープに混ぜれば食べます。

一応、ブロッコリーが入っている事実は隠していますが、

言っても食べると思います。

コーンスープは好きなので(笑)

ビシソワーズでもカボチャスープでもいけると思います。

 

お菓子

我が子の考え方はこうです。

 

「お菓子を食べるために、ご飯を食べる」

 

何て偏った考え方なんだ…(^-^;

 

こんな風に育って…親の顔が見てみたいもんだ…

 

 

……

 

あっ、私でした(-_-;)

 

「お菓子はご飯を食べて、まだお腹空いてたら食べるもの!」

これが我が家の家訓です。

 

こう言いつつも、親はガンガンお菓子食べていますが(笑)

そして太っていく…(^-^;

大人って怖いですね。

 

「食べないとお菓子無いよ!」

これほど強力で便利な言葉はありません!

地上最強の聖剣です!w

本当に嫌いなものを出して、これを言うのは気が引けますが、

ダラダラ食べている時は、これ一発でシャキッとします。

 

私の場合

私は大きい具があまり好きではありません!

理由は、素材そのものの味が顕著に表れるからです。

調理してるのに、生でそのまま食べてるみたいに感じるんです。

食べた時の感想は、

 

「味、薄っす~(-_-;)」です。

 

なので、具材を子供の口でも噛み切らずに、口に入る大きさに切ります。

そうすると、味付けが無くなる前に飲み込めるので、美味しく感じます。

私が料理する時は、一口サイズになりますね。 

このように工夫次第で食べるようになります。

 

 

最後に

f:id:nayoro_urawa:20200401151549j:plain

子供が好き嫌いしているからと言って、

そのまま成長しないわけでも、体が弱くなるわけでもないです。

 

実際、私はちゃんと成長して大人になりました。

親は気にしてたみたいですが、大人になって孫を連れてきた私を見て、

「なるように、なるもんだね」

と思ったようです(笑)

 

どうしても食べさせたいなら、定番の分からなくする作戦ですね。

子供が嫌いな物代表のピーマンでも、細かく砕いてカレーにでも入れれば、

気付かずに食べると思います。

 

 

 


スポンサーリンク

ランキングにご協力ください!ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村