nayoro_urawaのブログ

ごくごく普通のサラリーマンのブログです

ビル管理への転職は何月が良いか?

ビル管理業界への転職を考えている方はいらっしゃいますか?

転職先として常に人気の上位にある職業であります。

その理由は楽だから!

私も転職でビル管理へ足を踏み入れたという経歴がありますが、

ハッキリ言って楽です(笑)

注意としては、何もしていないとクビになるということです💦

そんなの当たり前のことですね。

ですが業務上で難しいことは何もありません。

いつ転職するのがいいのでしょうか?

f:id:nayoro_urawa:20200301233148j:plain

 

一言でビル管理と言っても、

管理する建物、指定管理物件、総合管理、発注元、

各種機器点検等、業務に当たる仕事は山のようにあります。

どの職場でもそうですが、様々な方が日々業務に当たっています。

「自分の管理している建物は自分が守る!」

「不具合が見つかれば自分で治す!」

「この建物で分からないことは全て私に聞いてくれ!」

というような方から、

「リタイヤ後の生活でお金は欲しいけど、重労働は嫌だ。」

「何もせずにお金だけほしい。」

「何か不具合があればメーカーに連絡すればいい。」

という方まで、非常に幅広い業界です。

 

そのビル管業界において重宝されるのは資格保有者です。

理由は、建物毎に資格保有者を選任しなければならないからです。

(※これを怠ると法律違反で罰せられます。)

なので、資格保有者は圧倒的に有利です。

私も面接したことがありますが、とりあえず募集要項には

これこれの資格は必須ですと書きます。

では、どの資格が有利になるのか?

それは、

電気主任技術者建物管理衛生技術者の2つです。

このうち、建物管理衛生技術者は経験年数が2年という受験資格があるので転職後に取得してください。

受験資格がいらないのが電気主任技術者、通称電検三種です。

 

 資格取得方法については、また別の記事で紹介させていただきます。

私の実例とともに・・・

 

 ビル管理への転職は3月末でピークを迎えます。

  1. 現場常駐員は基本的に1年契約となる。ほとんどの建物管理は1年の保守契約を結びます。行政や民間で毎年入札により管理業者を決めるため、1年契約になります。
  2. 上記で述べた通り、契約更新で人員を変えたいビル管理会社が多い。採用したはいいが、やっぱり違うかなと感じるのが多々ある。
  3. 入札で新規物件を受け持つことになると、新しく現場常駐員を採用しなくてはならなくなる。

 これらの理由から、年度契約の建物が多くなるため、現場常駐設備員の募集が今の時期から3月末までで一番多くなります。

今がチャンスなんです!

先ほど資格があると有利と書きましたが、実際は資格が無くてもできる業務でもあります。(選任は必ずしも現場常駐員に限らない為)

お客さんとのコミュニケーションが取れれば問題ありません。

今後の将来を見据えてチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

www.746urawa.com

 

 

 


スポンサーリンク

ランキングにご協力ください!ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村