nayoro_urawaのブログ

ごくごく普通のサラリーマンのブログです

会社の力を【個人の力】と勘違いしないでくださいね

弊社はあの大型の仕事を受注できた!

その会社で課長をしている私は凄いんだぞ!

 

世の中には全く困った人がいる物です。

 

会社の力と個人の力は全くの別物!

勘違いしてはいけませんよ。

 

 

 

 

 

人の力は自分の目で判断すべき

f:id:nayoro_urawa:20200804220440j:plain

「有名洗剤会社販売員、人事課長が推薦する洗剤A」と

「3流大学の洗剤研究同好会が推薦する洗剤B」なら

どちらの洗剤を買いますか?

私なら洗剤Bです。

一見、洗剤Aを買いたくなりますが、

有名洗剤会社の人事課長ですからね…(^-^;

洗剤の事はほとんど分からないでしょう…

どちらが洗剤に詳しいかと言ったら、3流大学の同好会です!

 

立場に惑わされず、人の実力は自分の目で見て判断すべきですね。

 

立場と実力は比例しない

f:id:nayoro_urawa:20200804220530j:plain

入社して仕事を理解し、たくさん会社に貢献してきた。

実力もついてきたから、役職をつけるか…

普通はこんな風に出世していきますよね?

会社での立場が上になっても、

決して個人の力がついたからではない場合もあります。

 

例えば選任の役職者が、家庭の都合で退職することになり、

その職に就く人がいないので、部下である人を仕方なく就かせた…

という場合や、

新人で凄く実力のある人が入ってきて、バリバリ仕事をこなしている。

次年度で役職を上げたいのだが、上には先輩社員がたくさんいて、

人間関係を悪くしたくない。

この際、全員役職をあげよう!

という場合です。

 

一流企業に入ったからといって、

いきなり個人のスキルがアップするわけではない。

一流企業に入れば確かに違った目で見られることもあるだろう。

しかし、「入社前日と入社日でスキルが違う」

なんてことが無い事を忘れてはいけない。

断固たるスキルを身に付けることが重要なのです。

 

 

会社の力と個人の力

f:id:nayoro_urawa:20200804220634j:plain

会社員は月の給料が約束されています。

特に仕事をしなくても、誰かが稼いできたお金で給料が支払われます。

これが許されるのは、新入社員までです。

全ては利益のために働くのが会社員です。

利益を出すには、どうしたらよいか?

一つは個人の力が試されますね。

積算で100万円の利益が出る仕事を200万円の利益を出すには、

個人の力量によるところが大きいです。

 

もう一つは会社の力が試されますね。

利益が10万円の仕事を10個受注すれば、

100 万円の利益をあげることができます。

仕事をとるには入札で勝たなければなりませんが、

それには会社の力が大いに影響します。

例えば実績です。

いくら「会社のために仕事をしてきた」

と言っても、請け負っているのは個人ではなく会社です。

実績は会社につくもので、個人につくものではありません。

個人では、入札に参加する権利も与えられないのです。

 

 

競争で個人の力を高めよう

f:id:nayoro_urawa:20200804220724j:plain

フリーランスで生きていくのにも、会社員として生きていくのにも、

個人の力を高めるのは非常に重要なことです。

 

フリーランスの場合、自分が稼がなければ生活できませんからね。

それは死にものぐるいになりますよ!

 

どうすれば個人の力は高められるのでしょうか?

 

客先の人事部に話を聞きました。

 

「御社のような有名企業だと、なにもしなくても入社希望者が来るのに、

どうしてそんなに熱心に募集をかけるんですか?」

 

するとその方はこう答えたんです。

 

「倍率が高くないといい人材は出てこない」

「倍率が低い年では、途中で辞めたり不祥事を起こす人が出てくる」

「逆に倍率が高いと、それぞれの部署のトップになる人材が出てくる」

「これは、今までの歴史の統計が物語っているので間違いない」

競争が激しいところでは、抜けた力が出てくる。

企業が欲しいのは兵隊ではなく、それらを束ねる長ですからね。

納得のいく答えでした。

 

個人の力を高めるには競争が必要不可欠なのです。

 

 

会社の役職なんて意味がない

f:id:nayoro_urawa:20200804220827j:plain

15年間サラリーマンをしていますが、

会社の役職なんてそれほど意味が無いですね。

仕事をする上で、利益を上げて給料を貰い生活するという目的は、

全くブレないからです。

新人であろうが役職者であろうが、

自分の生活のために利益を上げることが、共通しているからです。

言い換えれば、

「新人も役職者も同じことをしている」

という事になります。

 

私は名ばかりの役職者をたくさん見てきました。

その甲斐あって、役職や先入観で人を見ることは無くなりました。

「この人は、こういう人」

という自分の基準をもって判断しています。

 

役職が役に立つのは、仕事内容を知らない新入社員と、

社外の人に対してでしか無いですね。

 

役が付いた瞬間に、対応が変わる人を何にも見てきました。

この人は自分の何を見てきたんだろう?

とても残念に思っています。

 

 

最後は自分の力が頼り

これからはインターネットの普及により、

誰でもフリーランスとして活躍できる時代になります。

(もうなっている…)

それには個人の力が100%です。

会社の名前を使わなくても、

あなたに仕事を依頼する人は、どれくらいいるでしょうか?

やはり、一人で仕事を完結することのできるスキルは、

身に着けておきたいですね。 

会社が倒産して放り出された時、

頼りに出来るのは自分の力だけですから。

 

 

 

 

www.746urawa.com

www.746urawa.com

 

 

 

 

 


スポンサーリンク

ランキングにご協力ください!ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村