nayoro_urawaのブログ

ごくごく普通のサラリーマンのブログです

コロナ差別抑制の条例まで作る自分では何も抑えられない日本人って…

 

自らの罪を認める事や、

敵に辱めを受けるくらいなら切腹を選んでいた日本人…

 

時代が変わっても生真面目さが国民性と言ってもいいほど、

日本人の良いところはそこなのに。

 

いまの日本は自ら破滅への道をたどっている。

 

 

 

 

 

条例作っちゃったよ 

こんなニュースが飛び込んできました。

news.yahoo.co.jp

ついにここまで落ちてしまったか…

 

法律で縛らないと、こんなことも止められないなんて酷いものです。

 

ニュースの内容は、コロナ差別を抑制するために、

茨城県が条例を作ったと言うものです。 

この条例には、

感染した人や医療従事者への差別的な扱いを禁止することも、

盛り込まれています。

 

こんな人として当たり前のことを、

法律にしないと出来なくなってしまった日本人。

 

差別されるべきなのは、感染した人たちでは無く、

差別している人の方では無いか?

 

特に感染対策をしていて、いつの間にか感染してしまった人や、

感染リスクの高い医療従事者に対して、

コロナ差別がされること自体おかしなことだ。

 

差別をしない事は法律があるから守るのではなく、

人として生きるために守るべきだと感じる。 

 

 

感染者推移、今後は?

下の図は感染者数を表しているグラフである。

f:id:nayoro_urawa:20200818215716p:plain

 

現在の状況を見ると、最初の山と比べて高いのは一目瞭然だ!

しかし、これから緩やかに下り坂になるのでは無いかと予想される。

懸念材料はお盆の移動にある。

潜伏期間を考えると、2週間を頭に入れて考えなければならない。

2週間前と言えば、まだお盆休みに入っていないのだ。

そして今回ピークを迎えている8/7の2週間前と言えば、

ちょうど7月の連休に当たる。

皆が旅行に行ったからではないか?

それと同時に感染者数が増え、また自粛に関心を持った時期でもある。

このバランスのまま進んだと思えば、

このまま感染者数が、横ばいに進んでいくことも十分に考えられるのだ。

 

 

密を避けるの守ってる?

f:id:nayoro_urawa:20200818222312j:plain

今最も感染拡大の原因として考えられるのは飛沫感染です。

しかし、感染対策をしていれば、それほどリスクがあるように思えません。

外出しても帰ってきたら手を洗ったり、

付着したウィルスを除去するように衣服は洗濯機へ、

体についたものはシャワーで洗い流す。

外出先でも手指の消毒剤はいたる所にあり、いつでも消毒できる状態。

これだけしていれば感染しないように感じます。

実は感染が拡大しているのは、

これらが守られていないのではないでしょうか?

移動手段にしてもそうです。

満員電車で通勤していれば、密は避けられません。

たとえコロナウィルスではなく普通の風邪菌だとしても、

保菌者とあれだけ密着していれば感染しますよ(-_-;)

 

 

感染拡大の原因は人の心理にある

目に見えないウィルスに対して、

油断は必ず発生しますよ!

もし針だらけの服を着た人が、満員電車に乗り込んできたら、

誰でも離れていきますよね?

でも見えていなければしません。

 

見えない物に対しては意識が薄れ、

対応しなくなるんです。

 

やはり怖いのはウィルスではなく、人であることを物語っています。

 

 

コロナ差別は感染拡大の抑制になる

コロナ差別は、いけない事です。

しかし感染すると差別される、嫌がらせを受けると分かっていれば、

絶対に感染したくないという心理が働きますよね?

実際私もかなり気を付けています。

近所での第1号には決してなってはいけないと強く思っています。

こう思っている人は少なくないと思います。

コロナ差別は感染抑制に繋がるかも知れません。 

 

 

 

www.746urawa.com

www.746urawa.com

 

 

 

 

 


スポンサーリンク

ランキングにご協力ください!ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村