nayoro_urawaのブログ

ごくごく普通のサラリーマンのブログです

強力粉と薄力粉をまぜるパンのレシピは焼き上がりがパリパリになります

パン作りをして、

外側をパリパリに内側をしっとり仕上げたいと思ったら…

 

ライ麦粉、全粒粉を使うとそうなります。

 

でもその為にわざわざ買い足すのって億劫ですよね?

 

そこで家庭に常備してある薄力粉を使いましょう!

 

強力粉と薄力粉をブレンドすることで、

パリパリのパンを作ることが出来ますよ!

 

 

 

 

 

外がパリパリのパンで食感を楽しもう

強力粉と薄力粉をまぜることで、外がパリパリのパンに焼き上がります。

いろんな粉をまぜることで、

いろんな種類のパンを焼くことが出来ます。

パリパリの食感は最高ですね!

 

美味しいパンを作ろう 

低糖質パンに凝っていましたが、

大豆粉を入れることで、

自分の嫌いなパンになってしまうことが判明しました。

 

このままじゃパン作りが嫌いになってしまう!

 

美味しいパンを作ろう!

それでも同じパンは作りたくないのが、

天邪鬼的思考です。

 

前回作った低糖質パンは、食べる人にとっては違和感が無いようです。

我が家は四人家族ですが長男だけは何も気にならないようで、

バクバク食べてました。

1/4の軌跡です。

私を含め残りの3/4は、美味しさを感じることが出来ませんでした。

妻は早々に大豆粉を料理にアレンジで使い始め、

二度と私がパンに入れないようにしているようです。

安心してくれ!二度と入れないから…(^-^;

 

 

クリームチーズのプチフランスパン作り

今回はこちらのレシピを参考にしました。

クックパッドさんのレシピです。

本当はつくレポを投稿したいところですが、

IDを作らないといけないという事で、

面倒くさいのでやっていません(笑)

面倒くさがりでゴメンナサイ(^-^; 

cookpad.com

 

レシピ通りには作らない私…(^-^;

別に信頼してないとか、そういうのじゃありません。

材料はほぼ同じです。

黒ゴマが無かったので、白ごまで作りました。

それとイースト液を先に作りました。

写真の通りです。

f:id:nayoro_urawa:20200816095626j:image

イースト液には絶大の信頼を置いています。

まず間違いないですよ。

初めてパン作りをされる方は、やるべきです。

イースト液を作ってから、味以外での失敗はありませんから。 

 

今回はこねている写真も載せます。
f:id:nayoro_urawa:20200816095635j:image

いつもは手が汚れているので、写真撮るのが億劫になっていましたが、

水分量が上手く行ったので写真を撮りました。

全然ベタつかず、生地も硬くない。

完璧ですね。

グルテン膜が出てきたので、こね作業は完了です。

これから1次発酵に移ります。

こね上がりの写真です。
f:id:nayoro_urawa:20200816095648j:image

ここから1次発酵ですが、レシピに温度と時間が書いてなかったと思うので、

いつもの温度と時間で発酵させました。

35℃で40分です。 

発酵後がこちらです。
f:id:nayoro_urawa:20200816095657j:image

見事に2倍になりましたね。

いつも思うのですが、

ちょっと生地が柔らかくなってボウルから取り出しにくいんです。 

取り出すのはわずか数秒ですが、

ボウルを逆さにしたらスコンと落ちてくれれば楽ですね!

 

さぁ次の工程です。

生地のガスを抜いて8等分にします。

ガスの抜き方はパンチしてるだけです。

もろもろの作業の詳細は、

最後にリンクを貼っておくのでそちらで確認してください。
f:id:nayoro_urawa:20200816095707j:image

分割した生地を丸めていきます。

一番かわいい生地の状態です(笑) 
f:id:nayoro_urawa:20200816095718j:image

丸め終わったらベンチタイムですよ。

ベンチタイムの時は濡れ布を被せます。 

f:id:nayoro_urawa:20200816095728j:image

ベンチタイム後、再度ガス抜きをして丸めなおしますが、

今回はクリームチーズを中に入れます。 
f:id:nayoro_urawa:20200816095743j:image

再成型した生地を2次発酵させます。

2次発酵は35℃で30分にしました。

発酵後、ハサミで十字に切込みを入れました。 

f:id:nayoro_urawa:20200816180314j:image

普通のはさみを使いました。

我が家にキッチンバサミなんて洒落た物は無いんです。

普通のはさみでも問題無く出来ましたよ!

 

では、焼いて行きましょう!
f:id:nayoro_urawa:20200816180326j:image

想像以上に上手く焼き上がりました。

レシピより焦げ目が強いので、

もしかしたらもうちょっと低い温度でも良かったかもしれません。

やっぱりパンは焼き立てが一番おいしいですね。

外はパリパリ、中はしっとりですごく美味しかったです。

 

 

外がパリパリになるのはこれ?

今回のように外はパリパリ中がしっとり焼き上がるのは、

初めてではありません。

塩パンを焼いている時はこの状態になっていました。

そしてそのレシピも、強力粉と薄力粉をまぜたレシピだったのです。

ということは…

強力粉と薄力粉をまぜれば、

パリパリの焼き上がりになるという事ですね!

 

これは他のパンにも応用できそうです。

クリームパンでも外をパリパリにしたいと思えば、

出来ると事ですね!

やるかどうかは別ですけど…

 

 

まとめ 

今回のパン作りで分かったことは、

強力粉と薄力粉をまぜると外がパリパリに仕上がるという事です。

ライ麦粉や全粒粉を加えた時とまた違ったパリパリなので、

こういうレシピも悪くないですね。

それとクリームチーズはパンによく合います!

 

 

 

www.746urawa.com

www.746urawa.com

www.746urawa.com

www.746urawa.com

 

 

 

 

 

 


スポンサーリンク

ランキングにご協力ください!ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村